病院とは、一般的に、医師や歯科医師が疾病や疾患を持つ患者様にに医療を提供する施設のことを指します。又、医療機関は、大きく2種類に分かれます。医療法で、20床以上の入院ベッドの設備があるところが、「病院」です。医師が3人以上、看護師・薬剤師が必須です。

一方、病床を持たないことろを無床診療所、もしくは19床以下の入院ベッドがあるところを「診療所」といいます。診療所は、医師が一人で開業することが可能です。又、病院の中でも、総合や大学、国立が経営している医療機関などがあります。救急外来や救急対応をしています。

患者は、通院などかかりつけ医にて診察を受ける医療機関は主に診療所です。規模の小さい診療所などで設備や併用する診療科目がない場合は、診療所の医師が、紹介状を書いて、患者を送ります。それゆえに大きな役割を担っています。診療所にはない、医療機器や検査機械などが揃っており、万全の状態です。

又、一つの診療科目だけに特化せずに、10種類以上の診療科目が揃っており、各専門医がそれぞれの分野で連携をとって、一人の患者を診察することができます。24時間体制で、医師も看護師も常駐していおり、夜間問わずに救急で診察が可能であるところも、病院のメリットです。夜間は、対応している診療科の有無を確認してから受診すると確実です。病気や症状の治療を受ける際は、病院と診療所を上手に使い分けて、受診することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です