近年、年々増加する心臓突然死に備えて、AEDを設置している会社や施設、学校などは増えています。AEDのレンタルサービスのメーカーはたくさんあり、価格や機種も様々で何を基準にして選ぶと良いか、どのメーカーのものが良いのか決めるのは難しいものです。ここでは、価格を重視して選ぶときのポイントなどを紹介します。AEDのレンタルは、レンタル会社が設定した価格や期間で、月額で費用を支払って利用する仕組みになっています。

メーカーや機種によって価格は様々で、レンタルの期間が長くなるほど価格は割安になります。一か月以上の長期で借りる場合は、価格が設定されておらず問い合わせが必要となっているメーカーが多いです。また、返却が遅れてしまった場合は延滞料金がかかるので、返却まできちんと管理する必要があります。長期で借りる必要があるときは、リースの方がおすすめで月額支払いで借りる場合は、リースの方が割安になる傾向があります。

長期でコストを重視してメーカーを選ぶには、レンタルだけではなくリースも視野に入れて検討してみるとよいでしょう。基本的にAEDは、一度設置をするとそのまま継続して使用することが多く、ひとつのものを長期で使用すればするほど、トータルのコストは安く抑えられます。しかし、AEDは保証期間や耐用期間があり、必ず更新しないといけないタイミングが来ます。そのため、低コストで導入するには、長期の運用が可能な長い補償期間が付いている機種を選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です