いろいろな施設でAEDを見かけるようになりましたが、どうして設置されているのか疑問に思ったことはありませんか。国の法律で義務化されていることはないのもかかわらず、AEDがどんどん普及しています。国からは義務化されていなくても自治体では義務化しているところもあるので、これからますます広がっていくかもしれません。心房細動や不整脈、あるいは心停止をおこした人がいる場合、多くの人が救急車を呼びますが、救急車が到着するまでの間にその人が助かる確率はどんどん下がってしまいます。

そのようなときAEDを使うと助かる確率が大きく上がります。元気な高齢者が増え、いろいろなイベントも開催されるようになっています。短期間の開催では、AEDを購入しなくてもいいという気もしますが、安全配慮の面から考えると必要なものではないでしょうか。そのようなときにはレンタルがおすすめです。

必要なとき必要な期間だけあればいいので、費用を安くおさえることができます。長期間使わないとメンテナンスも心配になりますが、レンタルだとそのような心配もありません。レンタルのメリットは、施設に置きっぱなしにしているところでもあります。ほとんど使われていない状態だと、いざというときに使用できるかどうか不安になることがあります。

レンタルであれば、メンテナンスは業者が行ってくれるので、いつでも使える状態を保てます。AEDを検討されている方は、レンタルも考えてみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です