あたり前ですが、人間にとって心臓が動いているということは重要です。もしもの際に救命のひとつの手段になる、AEDの設置が叫ばれて久しいです。日本語で自動体外式除細動器と呼ばれ、電気ショックを与えて救命をおこないますが、その名が示すとおり非医療従事者でも使用可能なように自動化されています。火災に備えた初期消火のかなめ、消火器同様に、現在では人の往来の激しい場所で見かけるようになりました。

厚生労働省が、このAEDの適正配置に関するガイドラインを公表しています。空や陸の移動の際に利用する、駅や空港、バスターミナルやサービスエリアへの設置が強く推奨されていますし、実際にこのような公共の場で目立つところにAEDの設置場所までのわかりやすい案内が出ていることが増えてきました。旅客機、旅客船、新幹線のなかに設置することも望ましいと厚生労働省はしています。体を動かす際は、健常者でも突然死が発生するケースがあります。

大規模な複合型商業施設が増えてきて、店内の移動だけで救急隊員の到着に時間がかかる場合もあります。動物園など、救急車が直接入れない場所も多いです。それほど大きくなくても体調が変化しやすい入浴施設などや、旅行中でいつもと違うコンディションですごしがちな観光施設にも設置が望ましいとされています。年々求められる声が大きくなってきているAEDですが、購入するとそれなりの金額がかかります。

社会のルールに即しながら費用を抑えるにはレンタルが便利です。購入は定期点検や修理が必要な際の費用もかかりますが、レンタルなら手間も含め月額料の支払いで維持が可能です。特に点検と修理は厚生労働省から確実におこなうように頻繁に通知が出ており、もしもの際につかえないと窮する可能性が高いです。レンタルなら、耐用期間がすぎたAEDをうっかり設置したままだったという状況を防ぐこともできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です