AEDには主にレンタルと購入・リースの方法が違いそれぞれメリットなどが異なります。AEDのレンタルなら1週間・1ヶ月など短期間で使えるので便利ですが、短期間なので月額の支払い費はリースと比べると割り高で、契約を延長すると高くなります。相場価格は期間で違い3日間で1万円前後からです。買取だとリースなどと比べて総支払額が安くなり、消耗品もパックになっている商品を買うと初期導入費だけでランニングコストをかけずに設置が出来ます。

難点は消耗品の価格などが含まれてないこともあり、購入するときは内容もしっかりと確認することと、初期費用が必要です。リースだと初期費用が抑えられて月額支払いが可能、メンテナンスも含まれていることなどがメリットです。ただ、法人でない個人やクラブチームだと契約が出来ないことが多く、総支払額は購入したときと比べて少し割高です。相場は安いと月額2、980円からです。

家電量販店やドラッグストアには商品はなく、取り扱い業者へ問い合わせをして見積請求や注文手続きが必要です。主なメリットは導入相談が可能で、見積もりを取ってから価格交渉が出来ることや購入形態もAEDレンタルや買取・リースなど選択肢が増えます。ただ、業者を探したりやり取りの手間、注文から納入まで時間がかかります。取扱業者から購入するときの価格相場は台数や条件で違いますが、オンラインで買うより安いことが多いです。

また、近年は大手の通販サイトでも販売していて、こちらは手間もかからず納入までが早いのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です