AEDは心肺停止状態の人に電気ショックを行い、正常なリズムに戻すための医療機器です。医療従事者だけでなく一般の人でも使えます。AEDが設置されている場所は多く、空港や駅、学校や公共施設などにあります。定期的に講習会を開催しているので目にする機会も多いでしょう。

一般市民が使用した事例も多く年々増えてきています。設置数もこれから増えていくでしょう。機器自体は購入することもできますが、20~40万円と高額なためレンタルを選んだ方が良い場合もあります。買取は初期費用が高いですが、長期的に使用する場合ランニングコストを抑えることができます。

AEDレンタルであれば初期費用は抑えられますが、毎月の料金がかかるため場合によっては買取より高額になりがちです。ただしAEDレンタルには短期と長期があります。お試しで使ってみたい、イベント時だけ使用したいなど短期での使用であればレンタルがお得です。その後、買取を考えても良いでしょう。

機器の管理・維持のことも考えなくてはなりません。耐用期間が過ぎていないか、所望品の交換が必要か日常的に確認する必要があります。管理・維持の負担が増えるためレンタルの方が気が楽だということもあるでしょう。買取りを考える前にAEDを導入した時の管理方法や使用方法を学び、設置台数や設置場所を決めていきましょう。

事前にお試しで使用し、ランニングコストを抑えられるようであれば買取を決めると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です