内科は、医療行為において中心となる科になります。患者が、体調の不具合を訴えた場合、どの科に受診すればよいのか迷うところでもあります。その場合、とりあえず、または真っ先に内科にかかり、その診断結果に基づいて最も適切な科を案内することになります。まさに、様々な疾患が、人間の体内の中心部から派生しているかのごとく、中核を担うものになります。

内科にかかりますと、問診、触診、聴診器などを使った診察になります。あくまで、目で確認できる範囲と、患者の身の回りの環境などを聞き取った内容による判断になりますので、深部に及んだ詳細な検査は、次の科にバトンタッチすることが多くなります。この問診の際の聞き取りは、発症の原因を突き止める重要なポイントになることがあります。診察時間を十分にとって対応する必要があります。

このように内科は、該当する疾患がどの科に属するものかを見極める窓口になりますので、他の科との連携が大切になります。分類が異なるからと言って関与しないとの立場をとってしまうと、医療の基本から外れた対応になる可能性があります。内科での診断結果を他の科に対して的確にフィードバックしなければなりません。必要に応じて、協力し合って臨まなければならないこともあります。

リーダーシップをとることもあれば、補助的な役割を果たすこともありますので、患者の早期健康回復のためには、常に柔軟性が求められてることになります。AEDのレンタルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です