頭痛がするだけならば、会社や学校を休むわけにもいかないので、多くの人が市販薬の鎮痛剤を服用して様子を見ます。しかし中には時間が経っても改善しない頭痛があります。総合病院では費用が高く、かかりつけの病院では大したことないと判断される人は、頭痛外来に通うと良いです。以前は頭痛は神経内科や脳神経外科が担当しましたが、頭痛を訴える患者が増えているため、専門的な機関が誕生しました。

頭痛外来は医学的に診察して、検査や診断、薬の処方を行います。診療する医師は神経内科や脳外科、内科、精神科、ペインクリニックなど様々な知識を集約しているため、原因に応じた治療が可能です。頭痛外来ではまず頭痛で悩む患者の症状が、他の病気が引き起こす頭痛なのか、命に別状がない慢性頭痛なのかを検査などを通して判断します。他の病気が原因の時は、風邪や発熱、脳出血など病気の治療を優先します。

慢性頭痛の場合は、片頭痛や緊張型頭痛などをコントロールする治療を行います。片頭痛の治療は2000年頃に飛躍的に発展したと言われます。従来は片頭痛の発作に対して満足な治療法がなく、医師が患者に十分な処置をすることができませんでした。現在は片頭痛の特効薬であるトリプタン製剤が発売されているので、医師が処方する治療薬の選択肢が増えて、患者の生活をサポートしています。

頭痛外来では患者のライフスタイルや症状に合わせた治療を行うので、薬が決まるまで複数回通います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です