AEDの使用目的は、突然心停止を起こした心臓に対して電気ショックを与えて正常な鼓動に戻すための使用します。突然の心停止は本人の自覚がなく、予兆も感じることが少ないため予期することなく突然倒れてしまうのです。心停止すると血液が脳や臓器に流れなくなり、その時間が長ければ長いほど死亡や後遺症のリスクが高くなります。心停止してから救急車が到着するまでの時間が運命を決定します。

救急車が到着する前に、心停止してからなるべく早い時間に使用していれば命を救う確率はかなり高いものとなります。大勢が集まる場所や人の流れが多いところにはAEDの設置は欠かせません。学校、デパート、駅構内などには、目立つ場所に必ず設置されています。対応の仕方としては、倒れている人を発見したら意識を確認し、意識がない場合は救急車に連絡しAEDを手配します。

呼吸がある時には救急隊を待ち、呼吸がない時にはAEDを使用してから救急隊を待ちます。心臓をいかに早く鼓動させるかが生死を決定し、後遺症のリスクに影響するのです。AEDの設置のあたり常に必要とされる場所では購入して設置が安くなりますが、短期的に必要な場合はリース契約が便利です。ほとんどの場合全機種でのリース契約が可能で、定期交換の消耗品の交換作業などのサポートも含まれます。

購入の場合に比べてコストが安く、ニーズに合わせて必要な組み合わせのリースができます。開催期間の短いイベント、スキー場、海水浴場など期間限定使用の場合にリース契約が増えています。AEDのリースのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です