AEDがあれば、誰かが倒れたときにすぐに救命活動を行うことが可能です。施設内でも多くのところに設置しておけば、探さなくても済むため安心です。そのためには、複数台必要になりますが、それだとコストがかかってしまいます。1台にかかる導入の費用は決して安くなく、設置できる台数に影響することもあります。

そこで検討したいのが月々定額を支払うレンタルでの設置です。AEDは消耗品としてパッドやバッテリーなどがあります。また故障した時などは修理代もかかってしまいます。高い費用で導入してもランニングコストも高いのでは、なかなか手が出せないのが現実です。

レンタルの契約では、このような追加の費用が全て含まれているので発生しません。故障以外にも盗難や破損などが発生した場合でも、保証される契約もあります。AEDを施設内に複数台設置すると消耗品の管理だけでも大変な作業になります。せっかく設置していてもバッテリーがない、パッドが古くて使えないなどでは、意味がありません。

レンタルならばそんな不安は必要ありません。契約している先がその管理も行ってくれるので、自ら気にしないで大丈夫です。万が一何かトラブルがあった時でもサポートを受けられるので、担当者の負担は少なくなります。購入が難しいと悩んでいるようなときには、レンタルで対応できないか検討してみると良いでしょう。

思っているよりも多くのAEDを設置できるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です