AEDのリースは一般的に購入代金は利用者が決めてから、それから貸し出す会社が科率を上乗せして毎月の料金が決まります、取り扱い会社は色々なサービスを付加することも可能なところも増えていて、動産総合保険が付いていることも多く天災や盗難の補償もあり経費処理も簡単なのが特徴です。AEDのリースではなくて一括購入だとトータルの費用が安いですが、点検して管理をしないと使うときになって機能しないこともあります。消耗品の期限管理やインジケータの確認が出来ず、あっても使えない状態のものは購入したほうが多く会計も資産計上が必要で処理が難しいです。リース以外にAEDにはレンタルもありますが、この場合は普段の点検までサポートもあり5年以上だと約款に基づく契約方式となり新品の貸し出しもあったりします。

契約すると月額の料金は安いですが契約期間途中の解約は別に費用がかかります。レンタルは一般的に消耗品などの費用も含んでいることが殆どですが、付帯サービスはそれぞれ違い消耗品が期限が近いと会社が送ってくれるサービスも提供してます。予算も立てやすく経理書費も手軽で期間はメーカーの保証期間によって5年が主ですが、本体の耐用期間にあわせて8年など長期間も用意されてます。契約内容も種類が豊富で機種・サービス内容・料金などを確認してから契約を結ぶことが重要です。

天災や盗難などの補償もついているのでこれに関しても検討が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です