AEDがあれば救われる命があるので、設置したいと考えている施設は多いようです。ただし金額的に難しく断念されることもあるようです。そんなときにはリースを検討してみると良いかもしれません。購入よりも低価格で導入することができるし、契約している間は常に保証もされるのでトラブルが少なく、安心して使用できます。

AEDは内部にバッテリーがついていて、常に充電されています。でも年が経つとともに充電容量は減ってしまって使えなくなります。そんなときにはバッテリーを交換するしかありません。また人体に接触させる部分も、粘着パットが必要なので、一度使ったら補充しなければいけません。

購入した場合には、これらの消耗品は購入しなければならなくなります。リースで契約しているときには、それらの消耗品は全て無償で交換されます。AEDを常に新しい状態に保つことができるため、安心です。特に複数必要な場合には、初期投資が大きくなって、会社の承認を得るのが難しいこともあります。

リースならばそんな費用が必要ないことと、管理がリース会社になるので安心できることから、導入しやすい方法と言えます。期間が完了した後なら新しい機種と交換が可能なので、購入して古いものを使い続けなければいけないようなことになりません。また、引き取ってもらえれば廃棄する手間も必要ないので便利です。購入を検討されているなら、一度リースを確認してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です